幼いうちに英語に触れておくことの良さ

英会話を幼いうちから

私は小学生低学年の頃から英会話を習っていました。
そうして英語の勉強は学生時代から社会人となってからも、また英語が必要ではない環境にあっても続けてきています。
子どもに英語を教えていたこともあります。

 

そのような自身の、そして教える側となっての体験を通して言えること。
それはやはり早い時期から英語に触れることの有利さです。
大前提として学校の授業だけでは、英語に接する絶対量が足りないのです。
一般に日本人が英会話ができないというのは不思議でもなんでもありません。

 

早く始めるということは、それだけ英語に触れる時間が増えることにつながります。
これは実はとても有利なことなのです。

 

そして、幼い時に英語に接することの良さは、初めて接した英語をすんなりと受け入れるということ。
これが小学5年生以降になるともう大人の脳に近づいてしまって、
英語に拒否反応を示したり嫌いになったりということもおきやすくなります。

 

もちろん子どもの頃から覚えると発音が良いというのも、確かにあります。

 

英会話に苦労しないためには、子どもの頃からのスタートはおすすめです。